当社について

ITは”たかが道具”を広げます

 

皆様、当社のWebサイトをご覧頂きまして誠にありがとうござます。nw_facemini20170419
代表者兼データ分析アドバイザーの熊坂和也と申します。
初めてお会いする方から「熊坂はITの人っぽくないね」と言われます。私はコンピュータメーカーやソフトウェア開発会社出身ではなく、流通小売会社のシステム企画担当だったからです。皆様と同じ「ITを使う側」でした。商売の為にどのITが活用できるか?どう使えば効果が出るか?を日々考えていました。
そのためIT会社の方と会議室で話すよりも、売り場や商品倉庫に出向き、お客様や社員の言動を見聞きしていましたので、一般的なシステムエンジニアでも統計数学者でもありません。従って、商売繁盛につながらないデータ分析は意味がないと心得ています。
皆様の経営上の課題を伺い、それを解決する手段として、データ分析を含む「ITを道具として使用する」人間です。大手企業に比較して中小企業様では、まだまだ情報の活用が進んでいません。ITを「別世界のもの」と感じている経営者の方が多いと思われます。私どもは、ITを「たかが道具」として皆様に使い切って頂けるようご助言をしております。
ITは「たかが道具」されど使いようによっては商売繁盛につながる「最強の武器」であることを実感頂けるよう、日々活動を続けて参ります。株式会社ビーム・オンをよろしくお願い致します。

  • 1961年 神奈川県生れ
  • 1984年 中央大学理工学部管理工学科卒
  • 1984年 大手小売り企業へ入社し販売を経てIT部門へ
  • 2003年 北海道へ家族とともに移住
  • 2009年 株式会社ビーム・オンを設立

 

大事なことは「情報の活用」です

cyle01

皆様は、何の目的でITに投資する(お金をかける)のでしょうか?
「社員が手作業でやるより早いし正確、そしていくら動かしても残業代も不要」も大事なことですが、最も重要なことは「情報活用の手段」として使用するこ
とです。
情報の活用とは、お客様に対して「価値ある情報の発信」と「情報提供方法で商品やサービスを売る」、そしてお客様や社会から「商売につながる情報を収集」し「収集した情報を分析」その結果から「新たな商品やサービスを創出する」ことです。これを留まることなく回すことです。
当社は北海道では珍しい「中小企業様でもご利用しやすい料金で本格的なデータ分析を行い、経営課題の解決策を提案できる」会社です。

 

データサイエンティストとは

dst01

最近経済系新聞やWebでよく見かける「データサイエンティスト」とは何者でしょうか?
「ビッグデータの分析と活用には、データサイエンティストが必要不可欠」などと言われています。
データサイエンティスト協会はデータサーエンティストを「データサイエンス力、データエンジニアリング力をベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナル」と定義しています。単なる数学者ではありません。
「ビジネスの課題解決を提示できる人材」でなければなりません。そのための最も重要なスキルは「経営者の悩みを理解できる」ことです。
当社の代表熊坂は、IT経営コンサルタントの代表的な資格である「ITコーディネーター」も取得しています。日々多くの経営者の皆様と接しています。
皆様の経営課題を包み隠さずお教えください、当社が「情報の活用」の切り口で課題解決を実現致します。

北海道 札幌市近郊のデータサイエンティストです。ビッグデータを分析します

商 号 株式会社ビーム・オン url:www.beam-on.co.jp
設 立 2009年6月1日
拠 点
  • 札幌ブランチ

    〒060-0062 札幌市中央区南2条西12丁目324-4 東和ビル(ネスト南2条)2F
    TEL:050-3697-5080
    FAX:050-3737-7289
    Eメール:info@beam-on.co.jp
    Facebook:https://www.facebook.com/beamon.co.jp/

資本金 100万円
代表者 代表取締役 熊坂和也
事業内容
  • データ活用推進コンサルティング
  • 地方企業活性化サービス(クラウドソーシングプロディーサー)
加盟団体
  • 北海道ITコーディネーター協議会
  • 北海道中小企業家同友会
  • データサイエンティスト協会(一般会員) 等
取引金融機関
  • 北海道銀行 当別支店
  • 北洋銀行 当別支店