当社について

眠っている情報をプラチナリソースに

 

皆様、当社のWebサイトをご覧頂きまして誠にありがとうござます。
代表者兼データ分析アドバイザーの熊坂和也と申します。
人材、資金、独自ノウハウ、そして「情報」。現代のビジネスはこれらの経営資源を最大に活用しなければ生き残っていくことが困難です。インターネット内には膨大な情報が日々蓄積されていますが御社のビジネスにとって何が重要か?そしてそれをどのように活用するのか?その前提として自社で保有している情報を戦略的に活かしているの?をトップ自らが把握し、もし出来ていなければ体制作りから即実行すべきです。AIをはじめとするITの驚異的な進歩で、ビジネスのスピードと精度は飛躍的に高まっています。
当社は、膨大な情報をAIも含め高度な数理統計手法で分析し、御社のビジネス成長に活かせるプラチナリソースへリニューアルさせます。
商売繁盛につながる「最強の武器=情報」であることを実感頂けるよう、日々活動を続けて参ります。株式会社ビーム・オンをよろしくお願い致します。

  • 1961年 神奈川県生れ
  • 1984年 中央大学理工学部管理工学科卒
  • 1984年 大手小売り企業へ入社し販売を経てIT部門へ
  • 2003年 北海道へ家族とともに移住
  • 2009年 株式会社ビーム・オンを設立

 

大事なことは「情報の活用」です

cyle01

皆様は、何の目的でITに投資する(お金をかける)のでしょうか?
「社員が手作業でやるより早いし正確、そしていくら動かしても残業代も不要」も大事なことですが、最も重要なことは「情報活用の手段」として使用するこ
とです。
情報の活用とは、お客様に対して「価値ある情報の発信」と「情報提供方法で商品やサービスを売る」、そしてお客様や社会から「商売につながる情報を収集」し「収集した情報を分析」その結果から「新たな商品やサービスを創出する」ことです。これを留まることなく回すことです。
当社は北海道では珍しい「中小企業様でもご利用しやすい料金で本格的なデータ分析を行い、経営課題の解決策を提案できる」会社です。

 

データサイエンティストとは

dst01

最近経済系新聞やWebでよく見かける「データサイエンティスト」とは何者でしょうか?
「ビッグデータの分析と活用には、データサイエンティストが必要不可欠」などと言われています。
データサイエンティスト協会はデータサーエンティストを「データサイエンス力、データエンジニアリング力をベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナル」と定義しています。単なる数学者ではありません。
「ビジネスの課題解決を提示できる人材」でなければなりません。そのための最も重要なスキルは「経営者の悩みを理解できる」ことです。
当社の代表熊坂は、IT経営コンサルタントの代表的な資格である「ITコーディネーター」も取得しています。日々多くの経営者の皆様と接しています。
皆様の経営課題を包み隠さずお教えください、当社が「情報の活用」の切り口で課題解決を実現致します。

北海道 札幌市近郊のデータサイエンティストです。ビッグデータを分析します

商 号 株式会社ビーム・オン url:www.beam-on.co.jp
設 立 2009年6月1日
拠 点
  • 札幌ブランチ

    〒060-0062 札幌市中央区南2条西12丁目324-4 東和ビル(ネスト南2条)2F
    TEL:050-3697-5080
    FAX:050-3737-7289
    Eメール:info@beam-on.co.jp
    Facebook:https://www.facebook.com/beamon.co.jp/

資本金 100万円
代表者 代表取締役 熊坂和也
事業内容
  • データ活用推進コンサルティング
  • 地方企業活性化サービス(クラウドソーシングプロディーサー)
加盟団体
  • 北海道ITコーディネーター協議会
  • 北海道中小企業家同友会
  • データサイエンティスト協会(一般会員) 等
取引金融機関
  • 北海道銀行 当別支店
  • 北洋銀行 当別支店